バレットの「へそくり」英語でどう言う?英語版のFF7で覚えた英単語・表現#2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語で遊ぶFF7 2 英語

FINAL FANTASYⅦの英語版を実況プレイしました。#2に出てきた英単語をいくつかチェックしましょう。

FINAL FANTASYⅦのゲームで出てきた英単語・イディオム

Why don’t you…

“Why don’t you…” ~したらどうですか?

“Why don’t you have one too?” お前も一杯どうだ?

仕事の後にティファが待つバー「セブンスヘブン」でくつろぐアバランチのメンバーたち。ビッグスはクラウドにも酒を勧めます。

roly–poly

“roly-poly” ずんぐりした

ティファの料理の味見をしていたら太ってしまったウェッジ君。

How about something to drink?

uptight

uptight 神経質な、ピリピリした

“You think I’m a little too uptight?” ぼくって神経質になりすぎなのかな?

さらなる魔晄炉爆破ミッションを控えておびえるウェッジ。クラウドは対照的に “impervious”(無感覚な、鈍感な)ところがあるようです。

straighten things up

“straighten things up” (混乱などを)修復する、元に戻す

“Straighten things up with everyone for me.” みんなにはうまく言っておくね。

バレットと口論になって場の雰囲気がまずくなってしまったときのティファの言葉。

get nothing to do with me

“get nothing to do with me” わたしには関係ない

“It’s got nothing to do with me.” 俺には関係ないことだ。

クラウドはアバランチの使命には共感しておらず、関係がない、興味がない、といってはばかりません。

bind

“bind” 苦難な状況、困難

“Umm… if you get really famous and I’m ever in a bind, you’ll come save me, all right?”

「もしあなたが有名になったら、わたしのピンチのときは助けに来てね?」

ティファとクラウドの約束。ピンチのときにはヒーローがやってきて助けてくれる。

stash

“stash” 隠しているもの

バレットはへそくりからクラウドへの報酬を支払ってくれました。

edgy

“edgy” イライラした、とげとげした、神経質な

“Barret’s always edgy before an operation.” バレットは仕事の前はいつもイライラしているの。

treasure chest

宝箱

fabled

伝説的な、名高い

 

コメント