ブログを書くメリットとブロガーに向いている人の条件

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログをしよう! ブログ運営
ブログ運営を続けていると「ブログの良さ」を身に染みて実感することがあります。この記事ではブログ経験者の立場から、「ブログを書くとこんな良いことがあるよ!」、「こんな人はブロガーに向いてるからぜひブログをやってみてね!」ということをお伝えします。

ブログをしよう!

ブログの良いところ

自分の言いたいことを世の中に発信できる

ブログで発信

ブログの第一の醍醐味は、自分の言いたいこと・表現したいことを世界に向けて発信できることです。記事を書いて公開することで自分の考えや表現を人に見てもらえます。

ブログでできることは文章だけではありません。写真やイラストを載せることもできます。最近は動画を共有することもより手軽に行えるようになってきました。意見だったり、感情だったり、自分の表現したいことを世界に向けて発信できるのです。

またブログはその影響力の大きさも魅力です。好きなことを発信するだけならツイッターやフェイスブックでも良いかもしれません。しかし、ブログはそれらのSNSよりも検索からのアクセスをつくりやすいです。

皆さんもグーグルやヤフーで何か調べ事をしたことがあると思います。そんなとき検索で上のほうに出てくるのはほとんどウェブサイトですよね。企業のホームページだったり、個人のブログ記事が出てくると思います。検索上位に特定のツイートやフェイスブックの投稿が出てくることはあまりありません。

ツイッターやフェイスブックもリツイート・シェアされることで多くの人の目にふれる可能性がありますが、基本的にそれは一過性のもの。人に読んでもらえるのはごく限られた期間です。

ブログはグーグルやヤフーといった検索エンジンからアクセスしてもらいやすいので、より継続的に読まれます。継続してアクセスしてもらうことで、SNSのバズ・拡散よりも多くの人に読んでもらえる可能性が高いです。

検索で多くのアクセスを獲得するにはSEO(検索エンジン最適化)と呼ばれる努力が必要になりますが、コツをつかめばSNSでたくさんのフォロワーを得るよりも簡単です。この発信力もブログの魅力のひとつと言って良いでしょう。

社会とのつながりを持つきっかけになる

ブログから仕事につながることも

ブログを運営していると単純にブログ記事を人に読んでもらえるだけでなく、そこから次のアクションにつながることがあります。

ブログへと仕事の依頼がまいこんできたり、自社の商品・サービスを取材してほしいという依頼がきたり、同じ趣味を持つ人から連絡をもらって交流が始まったり……などなど。ブログがネット上の名刺や、問い合わせ窓口として機能してくれるのです。

逆に仕事やプライベートなどリアルの世界でのつながりから、自分のブログへ訪問してもらえることもあります。仮に普段あいさつを交わす程度でしか知らない相手でも、ブログを見てもらえれば自分がそれまで積み上げてきた活動の成果を見てもらうことができます。普段の生活ではなかなか知ってもらえない自分の取り組みを知ってもらうチャンスです。

ブログで積み上げたものは、ブログの中やインターネットの世界にとどまらず、外へも発展する可能性を秘めているのです。

お金を稼げる

ブログで収入を得る

ブログは基本的には無料で公開されているものがほとんどなので、お金を稼ぐことはできないと思うかもしれません。しかし、ブログの内容が人にとって価値あるものであればブログをマネタイズすることも可能です。広告を掲載して収益をあげたり、アフィリエイトという商品紹介を通じてお金を得る方法があります。

時間をかけて価値あるコンテンツを提供して、その見返りとしてお金をもらう。このような仕組みが現代にはきちんと出来上がっています。現状、購読料に基づくブログマネタイズは限定的ではあるものの、広告やアフィリエイトで一定の収入を得られるというのは素晴らしいことです。

ブログで収入を得ることができれば、そのお金でブログの運営に必要な経費を支払うこともできます。お金をつかってより充実したコンテンツを作ることもできるでしょう。

ブロガーに向いている人

書くことが好きな人

パソコンで文章を書く

基本的にブログは文章主体のメディアなので、やはり文章を書くことは避けられません。どうしても文章を書くのが苦手、嫌いという人はブロガーに向いていません。

かといって特別な文才が必要なわけでもありません。作家のような文章力はなくて大丈夫。読みやすくて分かりやすい文章を書くことが大事です。そしてこれはちょっと練習すればほとんと誰でもできるようになります。ブログを書いているうちにブログに必要な文章力は身につきます。

なのでブロガーにとって必要なのは、文章に対して前向きに取り組む姿勢です。

熱心に取り組んでいる何か、専門性を持つ人

趣味・専門分野があるならブロガーの強み

趣味がある人はぜひブログをしましょう。自分が趣味で行った成果や、苦労した経験について書けば、同じ趣味をもつ人たちがブログを見てくれます。特に失敗談は人の参考になる優良コンテンツです。私はいま「神戸ファインダー」というブログでカメラ機材のレビューや、撮影のテクニックなどについて記事を書いています。ありがたいことにカメラを趣味としている多くの人たちに読んでいただけています。

学生の人は自分が熱心に学んでいることや、研究している分野について書いてみても良いでしょう。私は学生のころ自分の学んでいることについてブログに書いていたらその道のプロの方から連絡をもらったことがあります。特定の分野について詳しく書いていると専門家と交流を持ったり、就活にも役立つかもしれません。

何かの分野のプロとして働いているなら、その専門的な知見について素人向けに分かりやすく解説すると喜ばれます。

書評もブログと相性が良いです。読書が好きならぜひ書くべきです。本を読んで感じたこと、その本から受けた影響について書くことで、より自分自身のインプットも高まります。主婦(夫)の方は、料理や掃除といった家事について書いたり、子育てや節約術についてブログにしてみても良いかもしれません。

まとめ

何かに熱心に取り組んでいたり、世界に向けて表現したいことがある人はブログをおすすめします。さらに文章を書くことが好きなら言うことなしです。ブログには自分の生活を様々なかたちで豊かにしてくれる可能性があります。パソコンとネット環境があれば誰でもできるので、ぜひ挑戦してみてください。

本記事の画像:ぱくたそ-フリー素材・無料写真ダウンロード

コメント