原因不明のブログPV増加!googleapis.comとは何か

スポンサーリンク
スポンサーリンク
googleapis.comとは何か ブログ運営

シタタカライフをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Shitataka_Aki)です。

ブログのアクセスがいつもより多いと思ってグーグルアナリティクスで参照元を調べてみると「googleapis.com」というURLが見つかりました。しかしこのURLだけでは具体的に何なのかよくわかりません。調べてだいたいどこからのアクセスなのかがわかったので記録しておきます。

結論から言うとグーグル関連アプリからのサジェスチョンによる流入のようです。

アクセスが多い!googleapis.comとは?

わたしがこの「googleapis.com」を知ったのは、自分の運営している「神戸ファインダー」というブログでアクセスが多くあったときでした。具体的に言うと「望遠レンズで上手に撮影する方法・コツ【おすすめ望遠レンズ紹介】」と「これからカメラを始める初心者の皆さんに伝えたいこと」という記事です。どちらも公開翌日に普段では考えられないようなPVの上がり方をしています。そこでグーグルアナリティクスで参照元を確認。「googleapis.com」というところから大勢の方にアクセスされていることに気づきました。

調べてみたところ、あくまでグーグルアナリティクスの記録に残るのがこのURLであって、どうやらアクセス元はひとつに限らないことがわかりました。

Googleアプリのおすすめ

「googleapis.com」のひとつはどうやらiPhoneやAndroidなどスマホ向けのグーグルアプリです。

Google アプリ
Google アプリ
Developer:
Price: Free
Google
Google
Developer: Google LLC
Price: Free

といってもこのアプリの検索流入というわけではありません。このアプリのホーム画面に出てくる記事の一覧からのアクセスがこの「googleapis.com」として記録されているようです。

グーグルアプリのおすすめ記事

これがアクセスが多かったときのグーグルアプリのスクリーンショットです。「望遠レンズで上手に撮影する方法・コツ【おすすめ望遠レンズ紹介】」というわたしの記事が「写真レンズ」という項目で紹介されています。このスクリーンショットはわたしが自分のアカウントでログインしているときの表示ですが、わたしの知り合いのブロガーのYuuさんからもここに掲載されていることを教えていただきました

Google Chromeアプリのおすすめ

もうひとつの「googleapis.com」の正体はこちらもiPhoneやAndroidなどスマホ向けのアプリで、Google Chromeです。

Chrome - Google のウェブブラウザ
Chrome - Google のウェブブラウザ
Google Chrome: Fast & Secure
Google Chrome: Fast & Secure
Developer: Google LLC
Price: Free

こちらのアプリもホームにおすすめの記事が表示されるようになっています(参考:タブを使用する、おすすめのコンテンツを表示する – Android – Google Chrome ヘルプ)。

わたしはまだこちらのアプリに自分の記事が掲載されているのを確認したわけではないのですが、調べてみると「リファラに「https://www.googleapis.com/auth/chrome-content-suggestions」が設定されたアクセスは一体何?を調べたときのメモ」という記事でこのGoogle Chromeアプリが要因らしいと書いてありました。

どちらもGoogleのスマホ向けアプリケーションなので、同じような仕組みなのでしょうね。

おすすめされる条件とは?

これらのアプリでおすすめとしてブログ記事が紹介される明確な条件はわかりません。また人によってこのおすすめで紹介されている記事の内容は異なるはずです。どれだけ多くの人に掲載されているかもよくわかりません。

わたしのブログでアクセスがのびた記事ふたつはどちらも記事公開からSNSでのシェアが多い記事でした。普段より多めにシェアしていただけました。はっきりとした掲載条件はわからずあくまで仮説ではありますが、SNSシェア数は掲載の条件のひとつかもしれません。

まとめ

「googleapis.com」からのアクセスはスマホ向けのアプリ「Google」や「Google Chrome」のおすすめ記事である可能性が高そうです。わたしの実体験と調べたことからの予測なので、間違っている可能性や、ほかにも具体的なアクセス元がある可能性もあります。

以上Aki(@Shitataka_Aki)でした。最後までご覧いただきありがとうございます。こちらの記事が参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。また下のボタンからTwitterやFeedlyでフォローいただきますと最新の記事の情報をお届けします。 

コメント