ブロガーはもっとPVとお金を稼げば良いと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログでPVと収益が上がることのメリット。それはPVと収益を考えないで記事を書けるようになることだ。読まれないとさみしいし、お金がないと生活に余裕がなくなる。そんな状態で良い記事が書けるとは思えない。でもその問題が解決すれば好き勝手自由に書きまくれるし、そうやって自分が熱量をもって好きに書いた記事というものはたいてい面白い。良いことばかりだ。

たまにアフィリエイトと関係ない自由な記事を読みたいという声を聞くことがある。広告とは無縁の日記みたいなブログが読みたいという意見だ。たしかにわかる。その希望はわかる。だけどそれは受動的で勝手な言い分だとも思ってしまう。だってそれって、自分は対価を支払わないけど、人が書いたエンターテイメント性に富んだ文章が読みたいってことだよね。

わたしはブログを読むのが大好きなので、魅力的な記事を書いているブロガーを応援したい。そのブロガーさんがお金も稼ぎたいと考えているのであればできるだけサポートしたい。お金を稼ぐって大事なことです。だから仲の良いブロガーさんとか、このひとセンスあるなって思うブロガーさんについては、わたしのできる範囲で自分の知識とか考えとかを伝えるようにしている。こうしたらPVがあがって収益が上がるかもよって伝えている。だってそのひとの記事をこれからももっと読みたいから。

いくら魅力的な文章を書けるひとでも、誰にも読まれず、お金に困れば、もうその文章を書くことをやめてしまうかもしれない。やめるまでもいかなくても記事を書く頻度は減ると思う。そんなことになってほしくないから、ブロガーさんにはPVや収益を上げてもらいたい。

わたしはお金を稼ぐことは悪いことだとは思わない。同じようなことを言うひとは多いけど、実際のところちょっと場面がかわるとお金を稼ぐことについて非難することがあるから世の中はむつかしい。たしかにお金の話をするのは生々しいからそんなにおおっぴらにしたくはないよね。だけど、もっとお金に対して肯定的に話せないとまずいと思う。

例えば、内容が低品質で広告ばかり掲載している記事を「アフィ記事」と呼んだり、そのウェブサイトのことを「アフィサイト」と呼ぶ人がいる。アフィというのはアフィリエイトのことだ。要はアフィリエイトに誘導するためだけに作られて内容がともなわない記事のことを非難しているわけだ。

わたしもそういった記事のことははっきり言って嫌いだ。間違った事実を書いていたり、内容に筋が通っていないことがあるからだ。いろんなサイトから文章を切り貼りして雑に構成されているので無茶苦茶なのだ。だけどそれを「アフィ記事」とか「アフィサイト」と呼ぶのはどうかと思う。

なにが問題かというとアフィリエイトそのものを否定しているように聞こえるからだ。アフィリエイトなど広告のシステムはいまの時代のメディアを支えている重要な仕組みで、これは決して悪いものではない。その仕組みを悪用しようとするひとがいるのが問題なのだ。

アフィリエイトにたずさわる人はもっとアフィリエイトに対して肯定的に向き合わないといけないと思う。もし現在のアフィリエイトの運用に後ろめたいことがあるならやめたほうが良い。運用のしかたを改めるべきだ。

アマゾンアフィリエイトなどのアフィリエイトリンクを貼っておきながら自分はアフィリエイターではないと頑なに言い張るひとの理屈もよく理解できない。ブロガーだろうが、アフィリエイトリンクを貼ってるなら、アフィリエイターと呼ばれてもおかしくない。そしてアフィリエイターと呼ばれることを恥ずかしく感じる必要もまったくないと思う。もっと堂々とアフィリエイトを運用すれば良い。

そうしないと、そのうち世間にアフィリエイトが悪いものだと捉えられかねない。もしアフィリエイトなどの広告そのものが悪として認知されてしまっては、個人ブログを含む多くのメディアの運営が立ちいかなくなるだろう。アフィリエイトで稼ぐことをもっと肯定的に発信できないとけっきょくは自分たちの首を締めることになるのだ。

ブロガーはもっとPVとお金を稼げば良いと思う。
そしてそのことをもっと誇らしく感じるべきだ。

コメント