人に簡単に真似されない魅力的なブログ記事を書く方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人に簡単に真似されないブログ記事を書く方法 ブログ運営

シタタカライフをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Shitataka_Aki)です。わたしは自分で記事も書きますが人の記事を読むのも大好き。中には心に刺さる素晴らしいコンテンツもあれば、「え、どうしてこんなひどいレベルの内容を書いちゃうの?」なんて思う記事もあります。そこでオリジナリティがある良質な記事を書くにはどうすれば良いのか考えてみました。

ある日CCCというプラグインを入れてみた

最近「Check Copy Contents(CCC) 」というワードプレス向けのプラグインを入れました。このCCCというプラグインを使うと、ブログ内の文章が誰かにコピーされた時にメールで通知してもらえます。これを導入して以来ブログの読者が頻繁に記事の文章をコピーしていることがわかるようになりました。

コピーされる内容の多くが、記事のなかで紹介した商品の名前や型番です。おそらくメモをとったり、そこから新たに検索して調べごとをしたりしているのでしょう。またはハウツー系の記事だとその具体的な方法の部分だけコピーされます。これもおそらくメモ目的ですね。私からは普段目に見えない読者さんたちの行動がすこし感じられてとても面白いです。

しかし、「なぜこんなコピーをするんだ?」と気になるものもありました。

ブログのコピーをチェック

調べ学習は簡単に真似される

気になるのは、記事全体をほぼまるまるコピーしたり、私が編集してまとめた商品の情報やそれに付随する私の解説をコピーしたりする人がいることです。「それをコピーしてどうするつもりなのだろう?」と思ってしまいます。

頭によぎるのがコピーコンテンツの問題です。つまり記事の盗用。以前私は自分の撮影した写真がクレジットもなしに他人に勝手に使われているところを見たことがあります。インターネットの世界においては人の著作物を盗用する問題があとをたちません。本当によく聞く話なので最近は「私の記事も盗用されてしまったのだろうか?」と考えて気疲れするようになってしまいました。

それに必ずしも盗用ではなくても、コピーした情報をベースにつぎはぎの記事が作られることがあります。これは企業で運営しているまとめサイトによく見られるパターンです。ライターをたくさん雇って、SEOに適した構成の記事を作るので検索上位に上がりやすく、目にすることも多いです。しかし、残念ながらそれらの記事を書くのは必ずしも専門知識を持ったライターではありません。素人がネットで検索して得た知識をもとに記事を構成することもよくあります。そのため一見もっともらしい記事でも、全体として見ると不自然な内容になっていたり、中途半端にコピーしたせいで誤った情報を書いていることもあります。とてもたちが悪いです。

オリジナリティあるコンテンツ制作を考える

個人の経験・エピソードは真似ようがない

コピーコンテンツへの対策はどうすれば良いのでしょうか。おそらく明らかに盗用だとわかるものについてはきちんと指摘して対応してもらう必要があるでしょう。しかし、完全なコピーアンドペーストではなく、つぎはぎのように組まれた記事には問題の指摘が難しいです。

そこで現時点で最も有効、かつ自分が積極的にとれる対策は「そもそもコピーのしようのない独自コンテンツを作る」ことだと考えています。

具体的にどうやって独自コンテンツを作るかと言うと、自分自身が経験して学んだことを発信するということです。できれば長い時間をかけて培った知識や技能が好ましいです。世の中には調べただけではわからないことがたくさんあります。これは創作活動にせよ、スポーツにせよ、学問にせよ、何か自分で努力して打ち込んできたものがある人にはよくわかる話だと思います。世の中には自分で経験してみて初めてわかることが本当に多いのです。

私は「神戸ファインダー」というブログで撮影テクニックに関する記事を書いています。世の中に撮影方法に関する情報はたくさんあるものの、わたしがブログで発信している情報はあくまで私自身の経験に基づいたものです。自分の作例写真とも密接に結びつく内容なので、部分的にコピーしようとしても無理があります。

一方でコピーされやすいのは、ネットで調べたことをまとめた記事です。私のブログの例でいうとカメラのスペック情報をまとめて比較した記事はコピーされやすいと思います。自分なりに必要な情報を精査して、編集した情報をまとめているものの、自分の個性をコンテンツのなかに落とし込むのは難しいです(それでもなぜそのスペックが重要なのか自身の経験をふまえて語る、ということはできるかもしれません)。

調べ学習ではなく、自分の経験を前面に出していくブログ記事はオリジナティがあり、そうそう人に真似されない内容になるはずです。それに体験談というものはリアリティを持って人の心に響きます。ぜひ書くべきです。

よくブログ記事を多くの人に読んでもらうために一番大事なのは「記事の中身」であると言われます。コンテンツSEOが最重要というのは多くの人が共通して認めていることでしょう。そのためには自分の実体験に基づいた情報が大切になってくるのではないでしょうか。

個人的には他人のダメ出しするよりは、より良質なコンテンツで低質なコンテンツを駆逐していきたいと考えています。他人に文句を言う暇があったら、相手が対抗のしようのない武器を身につけることに時間を費やしたいです。

個人ブログは個性が強み

まとめ

人にコンテンツが盗まれることを心配するより、簡単にコピーされないよう自分の経験に基づいた独自性のある良質な記事を書けるよう頑張ろう、というお話でした。

簡単にまとめると自分の人生経験をブログでぶつけるのが良い、ということなのですが、これってすごく大変。ブログが人に価値あるものになるかどうかはあなたの人生しだいってことだとも思います。めっちゃ大変で難しいことですよね。だから私はブログ好きでやってますけど、そんな簡単で楽なことでもないな、と思います。本当に好きじゃなきゃやってられない。

以上Aki(@Shitataka_Aki)でした。最後までご覧いただきありがとうございます。こちらの記事が参考になりましたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。また下のボタンからTwitterやFeedlyでフォローいただきますと最新の記事の情報をお届けします。 

コメント