PS5用の予備コントローラーと充電スタンドを買った理由

PS5用のコントローラーと充電スタンドを買った理由 ガジェット

PS5用のコントローラーと充電スタンドを購入しました。これらの周辺機器を買った理由と使ってみた感想をお伝えします。

プレイステーション5(PS5)用の純正コントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー(ブラック)CFI-ZCT1J01」とそれを二台同時充電できる「DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J」
DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J
スポンサーリンク

PS5本体を買えばコントローラーは付属するし充電もできる

わたしが買ったのはプレイステーション5(PS5)用の純正コントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー(ブラック)CFI-ZCT1J01」とそれを二台同時充電できる「DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J」です。ふつうにPS5で遊ぶだけならこれらの周辺機器は買わなくて大丈夫です。

PS5を購入すれば、純正のコントローラーひとつと充電用のケーブルが付属します。なので本体さえ買えばコントローラーをわざわざ追加購入しなくてもふつうに遊んで充電も可能です。わたしも特に必要性を感じていなかったので、最初に購入した周辺機器はソニー純正のワイヤレスヘッドフォンだけでした(余談ですがこのワイヤレスヘッドフォンは超おすすめです。ゲームが一層たのしくなります)。

スポンサーリンク

PS5のコントローラーは故障が多いので予備があると安心

なぜPS5用のコントローラーを追加購入することになったのか。それはコントローラーが不具合に陥る可能性が高くて予備があったほうが便利だからです。

わたしがPS5を買ってからまだ半年も経っていませんが付属していたコントローラーの調子が悪くなってしまいました。いわゆる「ドリフト」という現象で、コントローラーに触れていなくてもスティックの入力が勝手に入ってしまう不具合です。ユーザーの多くが体験している不具合なのですが、わたしのコントローラーも残念ながら修理が必要になってしまいました。

サポートに修理に出している間はコントローラーがないのでPS5で遊ぶことができません。しばらくゲームを我慢しようかとも思ったのですが、好きなときに遊べないのはやはり残念です。いつコントローラーが返ってくるかわからないのをただ待つのもストレスなので、コントローラーを追加購入することにしました。予備があれば今後また調子が悪くなったときも片方を修理している間に遊ぶことができます。故障が多いことを考えると予備のコントローラーは持っていたほうが良いでしょう。

あとは例えば休日に長時間遊びたいというような場合、途中でまったく充電せずにコントローラーを使い続けるとさすがに途中でバッテリーが切れてしまうかもしれません(今のところ大丈夫だけど)。つい充電を忘れてしまうタイプの人もコントローラーがふたつあれば遊びたいときに存分に遊べて良いと思います。

故障したコントローラーは1週間で返ってきた

参考までにお伝えしておくと、わたしの故障したPS5用コントローラーは荷物が修理センターに到着したちょうど1週間後にわたしの手元に返ってきました。保証期間内だったので、修理費用はかからず無料でした。また実際には修理ではなく、新しく交換品が届くことになりました。

コントローラーのカラーは3種類

PS5の「DualSense ワイヤレスコントローラー」には現在3種類のカラーバリエーションが用意されています。

  • ホワイト
  • ミッドナイトブラック
  • コズミックレッド

PS5本体に付属するのは「ホワイト」です。カラーで統一感を出すならホワイトが良いですね。

わたしは「ミッドナイトブラック」を選びました。理由は本体付属のコントローラーと区別したかったからです。保証を受ける際にはその購入証明、保証書が必要なのでわかりやすいようにカラーを変えることにしました。PS5のデザインは白と黒が基調になっているので、ミッドナイトブラックもデザインの相性は良いです。

プレイステーション5(PS5)用の純正コントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー(ブラック)CFI-ZCT1J01」

ちなみにコントローラーの背面に「〇 × △ □」が小さくびっしりと描かれていることをご存じでしょうか?ふつうに使っているとなかなか気づかないのですが、持ち手の部分のザラザラをよく観察すると非常に凝ったデザインになっています。

プレイステーション5(PS5)用の純正コントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー(ブラック)CFI-ZCT1J01」
コントローラーの裏側はすこしザラザラとしているのだが、ここをよく見てみると…
プレイステーション5(PS5)用の純正コントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー(ブラック)CFI-ZCT1J01」 拡大画像
ボタンの「〇 × △ □」がびっしりと描かれている

言われないとなかなか気づかないくらい細かいデザインですがこういう遊び心はとても素敵ですね。

コントローラーは特に付属品はなくて説明書があるくらいでした(充電用のUSBケーブルなどは付属しません)。

スポンサーリンク

充電スタンドは2台同時充電できて便利

コントローラーを追加で買ったのでコントローラーふたつを同時に充電できるように「DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J」を導入することにしました。

「DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J」
ソニーIE DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J

充電スタンドを使えばUSBケーブルを使わずにコンセントから給電してPS5用コントローラーを2台まで充電できます。

DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J
ACケーブルの差込口
DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J

ケーブルは全長で2.5mくらいあります(スタンド本体からアダプターまでが約100cm、アダプターからプラグまでが約150cm)。

DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J
充電中はオレンジのランプが点灯する

コントローラーはひとつだけでも充電できます。ふたつある差込口のどちらを使っても大丈夫です。

DualSense 充電スタンド CFI-ZDS1J

さすがソニー純正製品なだけあって、スタンドにコントローラーを置きやすくて安定しています。デザインもPS5本体に似ていてかっこいいですね。使いやすいので買ってよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました