Surface の電源アダプタをコンパクトにできる!CIO Surfaceマグネットコネクタ対応充電ケーブルレビュー

マイクロソフト Surface Pro7とCIOのSurface用充電ケーブルと充電器 ガジェット

Surface ProシリーズやSurface Goシリーズなどで使える電源コネクタとUSB-Cのケーブルを購入しました。純正の電源アダプターとケーブルよりコンパクトに持ち運びできるようになって便利です。

スポンサーリンク

CIO のSurface用充電ケーブルと充電器が便利

純正の電源ケーブルは大きなアダプター(黒い箱)がついていてかさばります。カバンにしまうときもあまりコンパクトにまとめられないので、せっかくスタイリッシュで持ち運びに優れたSurfaceの魅力が損なわれてしまいます。

Surface の電源アダプタをコンパクトにできる!CIO Surfaceマグネットコネクタ対応充電ケーブルレビュー

CIOのSurface用充電ケーブルなら、きちんとSurface専用の電源コネクタに接続できて、磁力による脱着の補助機能も備わっています。最大48.75W(15V/3.25A)の充電に対応しています。

商品説明画像(CIOプレスリリースより)

上の画像の対応機種に名前が挙がっていませんが、Surface Pro 7でも使用できることを筆者は実機で確認しています。また商品説明でも対応機種については下記のように説明されています。

【対応機種】 MicrosoftSurface Pro3/4/5/6/7、Surface Go、Surface Book1/2、Surface Laptop1/2※本製品は最大15V/3.25A 48.75Wの充電に対応しております。それ以上の電力供給が必要なSurface機器への充電も可能ですが、急速充電にはなりません事あらかじめご了承ください。

引用:Amazon | CIO Surface Pro 充電器 ケーブル
スポンサーリンク

マイクロソフト Surface の充電事情

筆者はCIOなどのサードパーティー製のアクセサリーを使用していますが、これは基本的に自己責任で運用しています。メーカー公式としては専用の電源アダプターを利用することを推奨しており、正式なライセンスを取得した製品以外のものを使わないようアナウンスしています。

原則として専用の電源アダプター推奨

マイクロソフトは下記のように原則として純正のアクセサリーの使用を推奨しています。

Surface 電源アダプターは、Surface で動作するように設計されています。 Surface に付属するか、バッテリー充電用に別途購入した正規の Microsoft 電源アダプターまたは Microsoft のライセンスを受けた電源アダプターのみを使用することを強くお勧めします。

引用:Surface の電源および充電の要件

Surface用の正規電源アダプターは例えば下記のようなものがあります。

Surface GoシリーズおよびSurface Proシリーズ用の電源アダプター
画像左がSurface Goシリーズ用の電源アダプター、右がSurface Proシリーズ用の電源アダプター。

Surafaceの種類によって電源アダプターの種類が異なります。Surface Goシリーズのような特にコンパクトなモバイルタイプのものは低出力の電源アダプターが、Surface Proシリーズのようなよりハイエンドな機種には高出力の電源アダプターが付属します。

参考:Microsoft Surface 24W 電源アダプター | Surface Go 充電器 – Microsoft Store
参考:Microsoft Surface 65W 電源アダプター | Surface Pro充電器 – Microsoft Store

もしマイクロソフト以外の充電器を利用する場合も、純正の充電器に準ずる出力を備えたものを用意したほうがよいです。出力が足りないと適切に充電できなかったり、充電が遅くなる可能性があります。各種Surfaceの充電器の種類と出力については下の表にまとめました。例えばSurface Pro 7/8/Xなら60W以上の充電器、Surface Go/Go2/Go3なら24W以上の出力を備えた充電器をおすすめします。

電源アダプターの
モデル
Surface のモデル充電出力
1800Surface Pro (第 5 世代)
Surface Pro (第 5 世代) LTE Advanced 使用
Surface Pro 6
39W
15 ボルト × 2.58 アンペア
1735Surface Pro 4 Core M SKU
Surface Pro (第 5 世代) M3 SKU
24W
15 ボルト × 1.6 アンペア
1706Surface Pro 7
Surface Pro 7+
Surface Pro 8
Surface Pro X
60W
15 ボルト × 4 アンペア
1625Surface Pro 3
Surface Pro 4
31W
12 ボルト × 2.58 アンペア
1735Surface Go
Surface Go (LTE Advanced 使用)
Surface Go 2
Surface Go 2 (LTE Advanced 使用)
Surface Go 3
24W
15 ボルト × 1.6 アンペア
マイクロソフトサポート公式:Surface の電源および充電の要件を参考に作成

Surface シリーズの電源アダプターは Surface Connect ポートというマグネットでくっつく独自のコネクターを採用しています。磁力で手軽に接続できるほか、誤ってケーブルをひっぱってしまった場合でもケーブルが自然に抜けてパソコン本体が巻き添えをくわない賢い仕組みです。

Surface Connect ポート Surfaceシリーズ専用の電源ケーブル
Surface Connect ポート。Surfaceシリーズ専用の電源コネクターです。

機種によってはUSB-C充電にも対応

SurfaceはUSB-C充電にも対応しています。これもマイクロソフトが公式に案内している充電方法です。Surface以外でも最近のノートPCやタブレットでは一般的な充電の方法です。ただし充電のために USB-Cがひとつ埋まってしまうので、ほかにも周辺機器を接続したいときはやや不便に感じるかもしれません。

SurfaceのUSB-C充電
市販のUSB-Cケーブルと充電器でSurfaceを充電可能です。

筆者がSurface Go 3 で動作確認した充電器↓

筆者がSurface Pro 8で動作確認してエラー表示なく使えた充電器↓

筆者がSurface Pro 8で動作確認して「低速の充電ケーブルです。」という表示が出て、充電できたもの↓

マイクロソフトサポート公式:Surface を充電する方法
マイクロソフトサポート公式:USB-C についてよく寄せられる質問

スポンサーリンク

サードパーティー製の充電器やモバイルバッテリーの利用について

本記事の冒頭で紹介したようなサードパーティー製の充電用品の利用についてより詳しく紹介します。

メリットは利便性の向上

もちろん製品に付属した充電ケーブルがSurfaceに最も適切であることは承知のうえで、それでも筆者が他社の充電機器を利用するのは便利だからです。わたしがSurfaceを愛用するのは持ち運びに優れたデザインと機能性です。軽量でコンパクトなので外出先での利用に重宝しています。

しかしSurfaceに付属する電源ケーブルは少し大きすぎます。特にカバンのなかに入れたときにあまりコンパクトにまるめられないのが難点です。最近は充電器の小型化の技術が発展していて市販の充電器であればもっと小型軽量化できます。

Surface Pro用の電源アダプターと電源ケーブル
画像右がSurface純正の電源アダプターとケーブル。これが画像左のケーブルと充電器に入れ替えられる。

市販品を利用するとこのように充電器を小型化できるだけでなく、モバイルバッテリーの充電も可能になります。Surfaceに最初から付属する電源アダプターだとこのような製品の組み合わせができません。

デメリットは信頼性。製品選びは慎重に

純正ではないものの信頼性をどう考えるか、ここが難しいところです。上で説明したようにマイクロソフトは安全な利用のため純正の電源アダプターかUSB-C充電を推奨しています。

実際のところ、サードパーティー製の充電用品は純正の電源アダプターと比べると電力が低いことが多いです。わたしが使っているCIOの充電ケーブルは最大48.75W(15V/3.25A)の充電に対応。NovaPort DUO GaN充電器は最大45Wまでです。Surface Pro 7などに付属する純正電源アダプターは最大60Wの出力で充電できるので、安全かつ効率的な充電には純正品が最も適しています。

マイクロソフトの正規品以外の使用は自己責任にはなりますが、個人的にはCIOの製品をおすすめします。筆者が CIO の製品を紹介する理由はふたつ。ひとつは実際に使用しているから。もうひとつは日本のメーカーでサポート窓口がきちんと存在するからです。

Surface用マグネット電源コネクタが使える
CIOの充電ケーブル。Surface用の専用電源コネクタを利用可能。純正品同様にマグネットでの接続ができる。

とても便利なのでSurfaceシリーズを利用している人はぜひ検討してみてください。

Surface関連記事:

CIO関連記事:

コメント

タイトルとURLをコピーしました